メンテンナンスのポイント!
トラブルを徹底リサーチ

外壁が劣化すると家の内部にまで問題が起こるようになります。雨が外から中へ侵入し雨漏りが起こりますし、シロアリが発生し木材の腐食が進みます。更に、家が傾くケースも報告されているので、小さなトラブルを見逃さないようにしましょう。外壁塗装の問題が二次被害を生む原因になるのです。場合によっては、建て替えたり、改装したりする必要が出てくるので、塗装をするよりも費用が高額になりますし、余計な出費が増えてしまいます。

外壁の劣化で起こるトラブル

「外壁塗装は必要ない」、「費用がかかるし面倒」だと思っていませんか?そう感じているあなたは要注意です。安心してマイホームに住むためにはメンテナンスが必要なのです。劣化部分を放置したままにすると様々なトラブルが起こり、やがて家が崩壊する危険性があります。結果的に様々な箇所を修理する必要が出てくるので、問題の解決までに時間がかかります。メンテナンスをせずに起こるトラブルを具体的に見てみましょう。

雨漏り

外壁の補修をしないことで雨漏りするようになります。床や壁をどんなにピカピカに磨いても、天井にシミやカビがあればお世辞にも美しいとは言えません。むしろ衛生的にも悪く見られますし、不潔に思われてしまいます。初めは天井だけの被害でも、次第に床や壁にまでシミやカビが発生します。それが原因で悪臭が漂うようになり家の中が臭くなります。また、デリケートな肌の人は特に気をつけなければいけません。カビが原因でアレルギーを起こしてしまうことがあります。ぜん息になったり、鼻炎に悩まされたり、日常生活を送るのが困難になることもあります。このように、家だけではなく人体的にも被害を及ぼしかねないのが雨漏りなのです。二次被害にならないためにも、早めに外壁塗装で対策をしましょう。

外壁内部の腐食

住宅は車のように定期検査する義務がないので、意識しない限り点検を行なうことができません。車検があることで車に異常があった場合はすぐに気付くことができますが、自宅になると異常に気付きにくいため、トラブルの発見が遅れてしまいがちです。そのため、気付いた時には手遅れになってしまうことも。特に雨水で断熱材が腐食すると、断熱効果がなくなります。夏場は冷房が効かなくなりますし、冬場は暖房が効かなくなります。季節によって住みにくい家になりますし、高熱費だけがどんどん上がっていくのです。無駄な出費が増えてしまい、経済的にも大きなダメージだけが残ります。車のように定期検査を行なうことで小さなトラブルにも気付くことができます。

家の傾き

最近のニュースでもあるように、日本では耐久性のある家が注目されています。地震大国である日本ではいつどこで自然災害が発生するか予測できないですし、地震が起きても倒れない家を作る必要があります。ですが、外壁が防水効果をなくしてしまうと、家が傾く恐れがあります。木材が水に濡れることでシロアリが発生します。湿った環境が大好物のシロアリによって木材が食べられてしまいます。そのため、家は耐久性をなくしてしまい、衝撃にも耐えることができなくなるのです。改装するにも大掛かりな工事となってしまうので、結果的に高額な費用がかかります。外壁のひび割れが増えてきた場合は、早急に専門業者へ依頼をし、外壁塗装で耐久性を維持しましょう。

外壁以外にも気をつけるべきポイント

マイホームの寿命を伸ばすためには、外壁以外の劣化も把握しましょう。築年数が経過するほど家は衰えていくので、元気を回復させるにはメンテナンスが必要です。弱った部分を修復することで寿命が伸びますし、老後も安心して暮らせるように今から準備することが大切です。せっかく高いローンを組んで建てた自宅が壊れてしまっては大変ですし、精神的にもショックを受けてしまうでしょう。家を長持ちさせるためのテクニックを紹介します。

築10年がターニングポイント

家の寿命をより伸ばすには、築年数10年目が大きな分かれ道となります。今までは不具合を感じることがなくても、家を建ててから10年経過すると、いろいろな不具合が起こり始めます。最初は些細な不具合だったとしても適切な対処をしないことで、家の寿命はどんどん縮まっていきます。愛着のある家を正常な状態で保つために10年ごとに点検をしましょう。普段はチェックすることのない屋根や天井裏など、隅々まで目を透して問題がないかを確認する作業が重要です。また、住宅会社によって異なりますが、ほとんどの会社では無料で点検を行なうことができます。素人では気付くことのできない問題でも、プロの目にかかれば一目瞭然です

10年保証の期限切れに注意!

家を販売している施工会社やハウスメーカー、または売主には10年保証が義務付けられています。対象となる範囲は基礎部分になります。壁や床、屋根や柱など家を支えている基礎的な部分を無料で点検することができます。実施されるタイミングについては販売元に確認しましょう。住宅が完成して1年目に行なうところもあれば、5年目に行なうところもあります。ですが、無料で点検ができるからといって安心はできません。10年保証の期間が過ぎてしまうと費用が自己負担になってしまいます。決められた期日を過ぎた後に瑕疵の申告をしても、補修には料金が発生します。日頃から自分自身でチェックすることで、瑕疵に気付くことができますし、雨漏りの被害から家を守ることができます。